高麗人参が頭痛の元凶に!?

高麗人参と頭痛の関係高麗人参を摂ると頭痛が起こる…そんな症状が出ることもあるようです。しかし仮に危険性の高いものならば、時の権力者や王侯貴族、戦国武将から、世界的なスターまで長き歴史に渡って愛飲されているわけはありません。

確かに、高麗人参の摂取によって頭痛が起こることもあるようですが、それは“生まれて初めてカイロプラクティックを施術された痛み”に似ていると言えます。

長年のダメージを蓄積した身体は歪みだらけ。大きくズレた骨の数々を治すのですからはじめは痛みも感じますが、治療回数を重ねていく中で身体は正常化。痛みはほとんど感じなくなるわけです。それでは以下、高麗人参摂取の症状として表れることもある“微熱を伴う頭痛”と“偏頭痛”の2ケースについて解説します。

高麗人参で微熱を伴う頭痛が〜免疫力UPの代償

微熱を伴う頭痛の症状は風邪に似ています。ですから、高麗人参を摂取してこうした症状が出た場合には“何か身体に悪いことが起きているんじゃないかしら”と不安に思われる方も多いかもしれません。

しかしそういった方には“風邪で熱が出るのは免疫力を高める自然治癒の働きであって、悪いどころかむしろ正常かつ必要な反応である”という事をご理解頂きたいと思います。

熱が出ると身体がブルブル震えますが、これは“全身の筋肉を緊張させて熱を発している”からなのですね。なぜ熱を発するかと言えば“病原菌や悪いウイルスと戦う細胞を活性化する”ため。このような緊張状態は血管を収縮させますから、同時に頭痛(緊張型頭痛)を伴うことも多いわけです。高麗人参の摂取を行うと含有成分サポニンの効果により、自律神経が調整・正常化され免疫力を亢進させるため“擬似的に風邪に似た症状があらわれる”。これが真相です。

高麗人参の摂取で微熱と頭痛が出た方は、それだけ自律神経が狂い、免疫力が低下していた証拠。しかし1度正常に調整されてしまえば、むしろ病原菌やウイルスに強い身体に生まれ変わっているといっても過言ではありません。

高麗人参で偏頭痛が〜実は慢性頭痛からあなたを救う

慢性頭痛に効果的な高麗人参慢性的な偏頭痛を抱える方は特に女性に多いよう。近年ではデスクワークによるストレスや緊張状態の持続が原因の偏頭痛も増えているといいます。高麗人参の服用でなぜ偏頭痛が起こるのか。

説明の前にまずは、偏頭痛が起こるプロセスを簡単にご説明しましょう。偏頭痛は“収縮した脳の血管に血液が送られる”ことで痛みを感じるもの。多くの場合で“ドクドク…”という音が偏頭痛に伴って聞こえますが、実はこれ“血液が流れて動脈が拍動している音”なんです。狭くなった血管に無理矢理血液を流し込んでいるのですから痛いのは当然ですよね。

ちなみに脳血管の収縮には“セロトニン”という神経伝達物質が関与しています。しかし高麗人参に含まれるサポニンには“血管を拡張させる”働きもあるので本来なら“頭痛を引き起こすどころかその緩和も期待できる”はずです。しかし、摂取から血管の拡張までに一定の時間がかかるのは当然。もしも、血管拡張作用よりも先に血流改善効果が早く出てしまった場合には結果的として“狭かった血管に多くの血液が流れ込む”こととなります。結果、一時的に偏頭痛の症状が出てしまうのです。

高麗人参の摂取によって偏頭痛の症状が出る方は普段“脳血管が収縮してばかりいる”可能性も。今自覚症状がなくても将来“慢性頭痛や脳梗塞になってしまう”危険性があるため、むしろ積極的に高麗人参を摂取し、脳血管を適度に拡張しておくことで“偏頭痛や脳梗塞の予防”が期待できるでしょう!

高麗人参は自然由来の“頭痛予防薬”

アレルギーの改善にオススメなのは紅参高麗人参の摂取によって頭痛症状が出てしまったとき“頭痛には全然効果が無いな”と服用をあきらめてしまうケースがあるのは非常に残念。なぜなら長期的な服用はむしろ“頭痛を軽減させ緩和させる”ことも期待できるからです。

例えば上記のケース以外、更年期障害による頭痛にも、高麗人参は効果的だと考えられます。更年期障害の女性の場合、ホルモンバランスの乱れが原因でただでさえ頭痛がしているのに、不安定な精神状態でイライラすることで“緊張型頭痛”も加わり、手が付けられないほど頭痛を悪化させてしまうことも。

しかし高麗人参にだけ含まれるサポニン“ジンセノサイド”の働きが、自律神経とホルモンバランスを安定化。血流を良くすることで全身の緊張もほぐしてリラックス、副交感神経が優位となり“緊張型頭痛”も緩和してくれるはずです。

高麗人参は自然由来の生薬ですから、ある意味で“世界一安全な頭痛薬”と言えます。それは、西洋医学(現代医学)のように対症療法的ではなく“根っこから治して病気を予防する”根本療法的な“頭痛予防薬”なのです!

「紅参」について詳しくみる