2014/09/14 (更新日:2014/08/19)

むくみへの漢方と言えば木防已湯のむくみを改善する力

むくみや口の渇きに!木防已湯の健康効果

木防已湯は、身体の停滞している水分を発散させて取り去る作用がある漢方で、心臓病や腎臓病からくるむくみや喘鳴などを改善する効果があります。尿量が減少してむくみになっている場合や、口が渇く症状などにも有効です。

木防已湯は、心臓弁膜症やネフローゼなどの病気にも適応しています。木防已湯はボウイ、セッコウ、ケイヒ、ニンジンの4種類の生薬からできている漢方薬です。

ボウイは身体の水分の循環を良くさせる働きがあり、利尿作用がある生薬になります。セッコウは、解熱作用や抗炎症作用があり、身体の中の停滞した水分を発散させる働きもあります。

ケイヒも余分な水分を排出させる効果がある生薬になります。ニンジンは滋養強壮や血圧降下作用、抗炎症作用などの効果があります。木防已湯の剤形は顆粒剤になり、色は淡褐色で味は苦いです。顔色がさえず咳を伴う呼吸困難、心臓下部に緊張圧重感などがある場合によく用いられる漢方薬になります。

木防已湯は、発疹やかゆみなどの過敏症が現れることがあります。脈が弱く著しく体力が衰えている人には注意が必要な漢方です。ケイヒには生薬の副作用として掻痒、発疹、発熱などの症状が現れることがあります。

このような症状が出たら医師や薬剤師に相談するようにして下さい。木防已湯は、胃腸が弱く下痢や嘔吐などを起こしやすい人も注意が必要です。

高齢者への投与は、生理機能が低下していることが多いので減量するなど慎重に投与する必要があります。使い方は、通常成人の場合は、1日7.5gを2回~3回にわけて経口投与します。食前または食間に服用するようにして、水やぬるま湯で飲むようにして下さい。