2014/07/12 (更新日:2016/12/25)

銀杏を上手に利用して漢方効果を手に入れよう

より健康的な生活を送るために取り入れたい漢方!銀杏の薬理作用について

市販で売られている医薬品には、銀杏が配合されていることが多いですが、銀杏の薬用作用は身体のさまざまな症状を改善します。

高血圧や冷え性、更年期障害といった症状の改善だけでなく、老化や美容にも効果が期待されることから、さまざまな分野において銀杏が使用されています。

秋頃からイチョウ並木が日本の風景としてよく見られるほど、私たちにとって非常に身近な銀杏ですが、漢方としても優秀な薬にもなるとはあまり知られていないように思います。

成分を詳しく見てみると、ビタミンBやビタミンC、カリウム、β-カロテンといった成分が特に豊富で、これらの成分が身体に作用することで、血液をサラサラにする働きが期待できるのです。そのため、漢方として優れた効果を発揮してくれるのです。漢方として摂取するだけでなく、スーパーなどで販売されている食材から摂取するのも良いと思いますので、試してみてはいかがでしょうか。

身体に良い銀杏ですが、摂取方法には注意点もあります。漢方の場合ですと、医師の処方箋によって服用している方もいますので、そうした場合はそれに従えば良いのですが、サプリメントや料理の一品として食べる場合、1日の食べる量には十分気をつける必要があります。

というのも、銀杏にはお腹を下す成分が入っているため、食べ過ぎると下痢や腹痛になる危険性があります。また、食べ過ぎたことによって、病院に運ばれるような重篤なケースも報告されていることから、特にお子さんが食べる場合には十分に注意が必要です。

目安としては、1日1個か2個程度の摂取に留めておくことをオススメします。食べる分量さえ注意すれば安全な漢方と言えます。

おすすめの記事

冷えは万病のもと!現代人の冷え性の原因と改善方法

冷え性になるとあらゆる病気が併発しやすくなります。重症化した冷え症で、他の病気を招かない ためにも、原因と改善方法を理解しておきましょう。

>冷えは万病のもと!現代人の冷え性の原因と改善方法

高麗人参には冷え性を改善する効果がある!?

冷え性改善に大きな力を発揮する高麗人参!あらゆる漢方薬の中でもトップクラスの改善効果を期待することができるかも。まずは冷えの正しい原因と、身体に与える恐ろしい影響を知ることが大切です。特に低体温はガン細胞を活性化させるため、早めに手を打つことは必須と言えるでしょう。そして、高麗人参が冷えに効く、詳しいメカニズム解説をぜひ一度お読み下さい♪

>高麗人参は冷え性の救世主!〜体温35℃でガンになる!?

強健力のイメージ

高麗人参には精力増強・勃起不全などの効果があるとよく耳にしますが、実際のところはどうなのでしょうか?男性必見の精力アップにつながる改善方法をご紹介しながら、よく聞く噂は本当なのかを追求していきます。

>6年根高麗人参・マカ・オクタコサノールが含まれた精力増強サプリのことを詳しくみる