2014/12/11 (更新日:2017/10/31)

漢方で茯苓沢瀉湯を利用すれば胃炎も和らぐ

胃炎にはコレ!恐るべきパワーを秘めた茯苓沢瀉湯

茯苓沢瀉湯という漢方に配合されている生薬は、茯苓、沢瀉、蒼朮、白朮、桂皮、生姜、甘草です。
茯苓は、サルノコシカケ科マツボドの菌核を輪切りにしたものです。利水作用に優れた生薬であり、胃腸の状態を整えて消化の機能を高める働きがあります。
沢瀉には消炎鎮痛作用があります。
蒼朮はキク科ホソバオケラの根茎のことで、発散作用や健胃作用、利尿作用があります。
桂皮はクスノキ科ケイの幹または樹皮を乾燥させたもので、発汗作用や健胃作用、 鎮痛作用、解熱作用があります。
生姜には健胃作用、鎮吐、鎮嘔作用、食欲不振改善などがあります。
甘草はマメ科の植物であるカンゾウの根を乾燥させたもので、鎮痛、抗炎症、胃痛、鎮咳去痰、解毒、十二指腸潰瘍などに効果的です。

食欲不振、胃潰瘍、十二指腸潰瘍には茯苓沢瀉湯の他に、高麗人参もおすすめです。その理由は『高麗人参で風邪対策!免疫力UPの漢方』をご覧ください。
※高麗人参は、風邪予防・治療に効果的な漢方とも言われています。

このように、茯苓沢瀉湯には、胃を健康に保ち、炎症を抑える効果がある生薬が多く含まれています。そのため、茯苓沢瀉湯は胃炎に効果的な漢方と言えます。胃炎以外にも胃アトニーや胃ガン、胃液分泌過多症、胃潰瘍、胃拡張、胃下垂などにも効果があると言われています。

茯苓沢瀉湯は胃炎に効果的な漢方ですが、飲み方や副作用に注意が必要です。飲み方としては、年齢などに合わせて用量を守り、食前か食間に服用する必要があります。

高血圧の人や、心臓疾患を持つ人、妊婦または妊娠している可能性のある人、現在他の治療を受けている人、今までに薬で発疹や発赤、かゆみなどの症状が起きたことのある人、高齢者などは、医師に相談をした上で使用することが大切です。
服用後に皮膚に発疹や発赤が現れた場合には、副作用が起こっている可能性があります。そのまま服用を続けてしまうと、重篤な状態に陥る可能性もあるので、このような症状が現れた場合には、直ちに服用を中止し、医療機関を受診する必要があります。
また、保存方法としては、直射日光を避けて、湿気が少ない涼しい場所に、しっかりと蓋を閉めて保管することが大切です。

おすすめの記事

【正官庄】高麗人参ブランド 韓国No.1

正官庄は韓国No.1高麗人参ブランドです。正官庄の評判と口コミ。また政府が認定する高い健康効果と品質管理の秘密を担当者インタビューと共にお届けします。口に入るものだからこだわりたい“安心と品質”。あなたが求める究極の健康食品をご紹介します。

>【正官庄】高麗人参ブランド 韓国No.1とは