更年期と更年期障害とは?

更年期に高麗人参が効く更年期は、女性が閉経前後5年の期間(一般的に45~55歳頃)をいいます。個人差はありますが50歳前後で閉経する人が多いです。

更年期障害とは、性腺ホルモンの低下から起こる原因の症候群です。女性の場合、卵巣機能が低下し、エストロゲン欠乏(とくにエストラジオール)により女性ホルモンのバランスが崩れ、月経周期の乱れなどにより心身ともにさまざまな不調が起こります。このさまざまな不調を「更年期症状」といい、仕事や日常生活にまで支障をきたすことになると「更年期障害」となります。
具体的な症状は心と身体に影響して出てきますが、詳しくは次項『つらい更年期障害の原因と症状が知りたい』でご説明いたします。

なお、男性でも加齢によりテストステロン(男性ホルモンの一種)の急激な減少が起こることで更年期障害となりますが、ここでご紹介する「更年期障害」は女性のケースで解説していきます。

つらい更年期障害の原因と症状が知りたい

更年期障害の原因はホルモンバランスの乱れることにあります。
40代も半ばを過ぎると、女性ホルモンの一種「エストロゲン」の分泌量が大幅に低下します。エストロゲンの分泌は、卵巣への命令を脳の視床下部がコントロールすることで成されます。
しかし、ある時期から急に命令を出してもエストロゲンが分泌されなくなるため、脳は混乱してしまうのです。この混乱が、健康な体調を維持してくれる「自律神経」の働きも狂わせてしまうため、影響は全身に及んでしまうというわけですね。

しかし、原因は1つや2つの単純なことではなく、さまざまな要因が複合して発生します。更年期障害の原因を表にまとめましたのでご覧ください。

更年期障害の症状 具体的な症状
精神症状 不眠、イライラ感、不安、など
身体症状 だるい、疲労しやすい、のぼせ、関節痛、ほてり、冷え性、多汗症、尿の悩み、耳鳴り、めまい、肌の乾燥、目や口の渇き、動悸、肩こり、頭痛、たちくらみ・ふらつき、腰痛、その他の不定愁訴 など

こうした体の変化は当然心にも大きな負担となります。この時期に介護や、職場環境、子どもの問題、家庭内の問題などストレスの原因があると、鬱病など心の病気を発症させる引き金となってしまうかもしれません。

更年期障害の治療法

更年期障害は、年齢を重ねることで生じる自然な変化ですから、効果的な治療法は確立されていません。基本的には対症療法によって、辛い症状を抑える…という方針になります。

ただ、最近では更年期障害の問題を根本から解決するため、漢方やホルモン補充療法(※)といったアプローチが試みられるようになってきました。大別すれば、高麗人参は前者の漢方にカテゴライズされる手法と言えるでしょう。

東洋医学で治療

漢方は長らく中国伝統医学の中心をなしてきたもので、特に“病気を事前に予防する”という予防医学の先駆的存在。近年は西洋医学の世界からも注目されており、体質改善により慢性疾患を緩和する際に効果的なアプローチと考えられています。
中でも高麗人参は高い薬理効果により、古来より珍重されてきた生薬。時の権力者や王侯貴族にも愛好者がいたといわれています。滋養強壮、体質改善の効果により、漢方の原料としても有名です。
高麗人参は自律神経の働きを整える効果があるため、更年期障害による自律神経の乱れを適正化する作用が期待されています。更年期の諸症状に悩んでいるなら、高麗人参の効果を有効活用し、体質改善を図ってみてはいかがでしょうか?
高麗人参が自律神経のバランス調整する効果があるということは、ストレス軽減につながり、結果、リラックスできる状態になるのです。その働きついて詳しくは『高麗人参は精神的な効果も期待できる』をご覧ください。

西洋医学で治療

※ホルモン補充療法(HRT:Hormone Replacement Therapy)は、閉経前後に体内で不足してきた女性ホルモンを補充する療法で、飲み薬や張り薬、塗り薬で補充を行います。欧米では30年以上の実績があり、世界の先進国で更年期世代からの女性に処方されています。日本でも更年期障害を改善して日常生活を快適に過ごすためにホルモン補充療法が活用されています。

期待される効果としては下記などがあげられます。(※ただし個人差があります)

  • 冷え、のぼせ、発汗、動悸、息切れなどの血管運動神経症状の改善
  • 寝汗、睡眠障害、関節痛などを和らげる
  • アンチエイジング効果(皮膚や粘膜の萎縮、乾燥による皮膚のかゆみなど)

ここまでだとどちらがよいか、というのは断言できません。更年期障害の症状や改善する効果などは個人差も出てきますので、治療法はご自身の身体の状態や環境にあったやり方がよいと思います。
ここでは、「更年期を事前に予防する」ことで体質改善へとつなげることができるのであれば、少し長い時間をかけてでも漢方を使用することをおすすめします。

おすすめは高麗人参!更年期障害を緩和するメカニズム

効果的な高麗人参は紅参更年期の女性は下記の三重苦の状態に置かれています。

  • ①女性ホルモンの減少
  • ②自律神経の乱れによる症状
  • ③これらのストレスによる精神的ダメージ

このうち、女性ホルモンの減少に関しては、更年期における自然の変化なので止めることは困難。更年期障害を克服するためには、自律神経の乱れを調整し、諸症状から来る精神的苦痛を和らげる…というアプローチが効果的です。

高麗人参の効果

  • ・低血圧改善…頭痛や冷え、立ちくらみに効果
  • ・貧血の改善・予防…冷えや、それから来る不眠、頻尿などに効果
  • ・ストレスの緩和作用…イライラ、頭痛、不安、肩こり、だるさなどに効果
  • ・美肌効果…たんぱく質の合成を促す効果

高麗人参には、低血圧や貧血の改善効果がありますから、自律神経の乱れを原因とする諸症状の緩和が期待できます。また、ストレスを低減する効果もあるので、更年期特有の抑うつ状態を上向かせることも可能でしょう。
これらの効果には、高麗人参に含まれるサポニンという成分が大きく関与しています。サポニンには自律神経の働きを正常化する効果があるため、更年期における自律神経失調症と類似した症状を緩和させることができるのです。
自律神経の乱れを正常化することができれば、更年期障害の症状を最小限に防ぐことができると思います。そうなると自律神経失調症の改善策を知っておいた方がよいと思います。詳しく知りたい方は『自律神経失調症と更年期障害は似ている』をご覧ください。

また、高麗人参を使用するのであればサポニンの含有量が多い紅参をおすすめします。土の中で6年間も養分(有効成分)を蓄積した「6年根」と呼ばれる高麗人参を加工して作られる「紅参」は、ただ単に更年期障害を軽減する目的だけでなく、積極的な健康増進を目指したい方には是非とも「紅参」パワーをお試し頂きたいと思います。

その紅参に期待される効果について詳しく知りたい方は『高麗人参の中でNo.1の効果を持つ紅参(こうじん)』をご覧ください。

なお、高麗人参にはタンパク質の合成を促進する効果もありますから、美肌効果を期待することも可能。40代、50代の女性がアンチエイジングを目指す上でも、非常に有効です。更年期を迎えて心身に変調が出てきたら、高麗人参の効果を試してみると良いでしょう。

自律神経を整えて更年期障害を改善する【高麗人参の漢方】

当サイトを監修いただいている松村圭子医師

高麗人参のサイトを監修している、成城松村クリニック院長 松村圭子先生成城松村クリニック 院長
松村圭子 先生

  • 【所属学会】
  • 日本産科婦人科学会
  • 日本女性医学会
  • 日本抗加齢医学会
  • 【経歴】
  • 広島大学医学部卒業
  • 広島大学医学部 産科婦人科学教室入局
  • 成城松村クリニック開院

また、ご活躍されている内容がWEBサイト(ルナルナ、女性の予防医学、Super Body[産婦人科医への相談コーナー])、PCサイト(女性自身[いまさら聞けない夜のテーブルマナー]、AM[オトナの悩みに答える!婦人科医の特別診察室]、スキンケア大学)など、雑誌やメディアでご紹介されています。

高麗人参の美容と健康に関するおすすめの記事

正官庄の高麗人参サプリの効果イメージ

高麗人参サプリには美容や健康など女性特有の悩みに効果があるとよく耳にしますが、実際のところはどうなのでしょうか?効果がある理由や高麗人参サプリの選び方ご紹介しながら、よく聞く噂は本当なのかを追求していきます。

>高麗人参サプリの選び方 そのサプリの主成分は本当に高麗人参?

紅参・植物発酵液80のイメージ

酵素ドリンク(自然発酵液)には健康・ダイエットなどの効果があるとよく耳にしますが、実際のところはどうなのでしょうか?効果がある理由や酵素ドリンクの選び方ご紹介しながら、よく聞く噂は本当なのかを追求していきます。

>高麗人参(紅参)に80種類の植物から作った植物発酵液のことを詳しくみる

【正官庄】高麗人参ブランド 韓国No.1

正官庄は韓国No.1高麗人参ブランドです。正官庄の評判と口コミ。また政府が認定する高い健康効果と品質管理の秘密を担当者インタビューと共にお届けします。口に入るものだからこだわりたい“安心と品質”。あなたが求める究極の健康食品をご紹介します。

>【正官庄】高麗人参ブランド 韓国No.1とは