風邪には漢方!高麗人参がおすすめ

風邪には漢方!高麗人参がおすすめ風邪というのはウイルスによる炎症性上気道疾患を指す言葉で、風邪症候群と総称される疾患全体を含んでいます。そのため、原因、症状とも1つに特定することができず、西洋医学では頭痛、発熱、咳といった諸症状を抑える対症療法を行って、自然治癒を待つ以外にありません。もともと西洋医学は、このような全身疾患の治療を苦手としていますから、致し方ない部分もあるでしょう。特定の病巣を叩けば治癒するような病気には強い西洋医学ですが、自然治癒を助ける…という考え方は持っていないのです。

むしろ、全身疾患や慢性疾患にこそ高い治療効果を発揮するのが漢方医学。身体がもともと持っている自然治癒力を活性化させる漢方医学には、風邪に良いとされる処方が数多く存在しています。

ここからは、風邪の予防、治療に効果があるとされる漢方について詳しく見ていくことにしましょう。

風邪に効く漢方薬リストを紹介!

それではまず、風邪予防、治療に効果的な漢方薬をリストアップし、その処方についてもご紹介したいと思います。

人参養栄湯 人参、桂皮、シャクヤク、甘草などを用いた漢方。咳止め、悪寒の除去などに用いられるため、風邪の際に重宝されています。中国の漢方書『和剤局方』にも掲載されている処方。
人参湯 人参、甘草、乾姜などを配合した漢方薬。倦怠感、食欲不振、嘔吐、消化不良など“お腹の風邪”を含む諸症状に効くほか、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、慢性結腸炎などにも臨床応用されています。漢方の原典である『傷寒論』にも記載されている、由緒正しい処方の1つ。人参湯の詳細については『漢方を安全に使用するために附子人参湯の服用方法とは』をご覧ください。
半夏白朮天麻湯 読み方は“はんげびゃくじゅつてんまとう”で、人参、半夏、麦芽、天麻、白朮などを配合した漢方。めまい、悪心、嘔吐などに効果を発揮しますので、胃腸症状の目立つ風邪にオススメ。中国の医学書『脾胃論』に掲載されている処方です。
白虎加人参湯 人参、石膏、甘草、知母、粳米などを配合した漢方。熱性疾患で身体の中の水分が枯渇している状態に良いとされています。そのほか、息切れや疲労感の緩和にも効果的ですので、発熱を伴う風邪に効くと考えて良いでしょう。漢方の原点『金匱要略』『傷寒論』に記載があります。
参苓白朮散 人参、茯苓、ヨクイニン、甘草、桔梗などを用いた漢方。下痢や軟便に効果があるので、胃腸の風邪に向いています。
葛根湯 葛根、麻黄、大棗、シャクヤク、甘草、生姜などから成る処方。風邪の初期に服用することで症状緩和が期待できると言われています。

以上、代表的な風邪に効く漢方をご紹介しましたが、上記6処方のうち葛根湯を除く5つの処方に人参が入っていることにお気づきでしょうか?

漢方の世界における人参とは、すべて高麗人参を指しており、東洋医学の観点で見れば、間違いなく“風邪にもっとも効果的な漢方”の1つなのです。冬場の風邪予防、あるいは万が一風邪をひいた時に少しでも早く回復するために、高麗人参習慣を始めてみませんか?

風邪予防に効果的!「紅参」についてもっと詳しく!

高麗人参No.1の効果を持つ紅参!

高麗人参No.1の効果を持つ紅参高麗人参に風邪の諸症状を改善し、自然治癒力を回復させる効果があるのは、ここまでに紹介したとおりですが、最近では科学的な見地からも風邪予防に役立つと見られています。その秘密は高麗人参に含まれる有効成分サポニン!免疫力を向上させる効果があるため、風邪への抵抗力を高めて、より風邪をひきにくい身体をつくることができるのです。

そして、このサポニンをもっとも多く含んでいるのが、6年にわたって栽培された6年根。特にその皮の部分に多く含有しているので、6年根を皮ごと用いて乾燥させた紅参という種類の高麗人参がもっとも効果的なのです。以上から、風邪予防、風邪の症状緩和を目的として摂取するなら、紅参を用いた健康食品を摂取するのが一番と言えるでしょう。

風邪予防に効果的!「紅参」についてもっと詳しく!