風邪を治すのは、西洋医学か漢方医学か

西洋医学(薬)と東洋医学(高麗人参)から見る風邪風邪はウイルスによる炎症性上気道疾患を指す言葉で、風邪症候群と総称される疾患全体を含んでいます。上気道(鼻腔・咽頭・喉頭)に感染して急性炎症を起こす感染症で、原因のほとんどはウイルス(8~9割)からくるのですが、症状も含め1つに特定することができず、西洋医学では頭痛、発熱、咳といった諸症状を抑える対症療法を行って、自然治癒を待つ以外にありません。ちなみに風邪を引いた時の鼻水・鼻づまり・くしゃみなど、鼻の局所症状が強いものを普通感冒と言います。
もともと西洋医学は、このような全身疾患の治療を苦手としていますから、致し方ない部分もあるでしょう。特定の病巣を叩けば治癒するような病気には強い西洋医学ですが、自然治癒を助ける…という考え方は持っていないのです。

むしろ、全身疾患や慢性疾患にこそ高い治療効果を発揮するのが漢方医学。身体がもともと持っている自然治癒力を活性化させる漢方医学には、風邪に良いとされる処方が数多く存在しています。

風邪の原因と症状

風邪の原因
前項でもお伝えしました通り、原因のほとんどは各種のウイルスによるものです。ライノウイルスやコロナウイルス、RSウイルスなど、複数のウイルスに同時感染することもあります。
風邪の症状
症状としては、鼻水、鼻閉、くしゃみ、のどの痛み、咳・痰、頭痛、発熱、嗄声、全身倦怠感、食欲不振などの全身症状などが現れますが、検査をしても大きな異常はなく、大抵7~10日間で自らの免疫力で回復します(一部の症状は3週間まで継続することもある)。
下記、風邪の主な症状になります。
    風邪の症状は人によってさまざま
  • 発熱:体から熱を出すことでウイルスを殺そうとしていますので、無理に熱を下がる必要はありません。
  • くしゃみ・鼻水:鼻腔を洗い流すために出ているため、通常のようにティッシュペーパーでかんでください。
  • のどの痛み:自然治癒力でウイルスに対抗するために炎症が起きている状態です。痛みは自然に収まります。
  • 咳・痰:異物を身体の外に出そうとしていますので、症状が治まれば自然に収まります。

風邪の治療法

西洋医学の治療法
結論からいえば、現代でも風邪に有効な治療薬はありません。みなさんご存知の市販および病院で処方される風邪薬というのは、”諸症状を緩和するだけ”なのです。風邪の原因はほとんどがウイルスからくるもの、と前項でご説明しましたが、それ以外は細菌感染(大腸菌、赤痢菌、コレラ菌、サルモネラ菌など)が原因となります。
なので、風邪は自身の症状から判断し、医療機関などで以下の治療を行ってください。
  • 一般市販薬:鼻水、頭痛、軽い咳などが気になる方への対症療法。休養・栄養摂取を第一に心がけてください。
  • 解熱剤:症状がひどい時は熱を冷ますために使用します。
  • 抗生剤:ウイルスには効きません。細菌感染と診断された場合は病院で投与。4~5日程で改善が見られます。
東洋医学の治療法
漢方(東洋医学)で風邪を治療対して東洋医学では、主に漢方薬の処方になります。ただし、発汗療法(※)の後の状態になります。
最も一般的な処方は小柴胡湯(しょうさいことう)で、肺炎、感冒、胃腸疾患の際に使用します。小柴胡湯は、柴胡、黄芩、半夏、生姜、大棗、人参、甘草で構成。柴胡と黄芩は胸に重苦しさ・張りなどを治す作用があり、半夏には吐き気を治す作用があります。
※発汗療法は、発汗を促して体熱奪い、汗と一緒に毒物を排出させ、体の反応パターンを変化させたりして疾患を治療する方法。
その他の処方は下記になります。
  • 辛夷清肺湯(しんいせいはいとう):鼻づまり、副鼻腔炎を併発している場合
  • 補中益気湯(ほちゅうえっきとう):元気がなく疲れやすい、虚弱体質など元気がない状態
  • 黄耆建中湯(おうぎけんちゅうとう):虚弱体質、病後の衰弱などの他、アレルギー性鼻炎などにも

西洋医学でも東洋医学でも、風邪の治療で共通しているのは”安静にして睡眠をしっかりとる”こと。ですが、西洋医学では風邪を引いた時には体を冷ますのに対し、東洋医学では体を温めることが良いとされている点が異なっていますね。

風邪に効く漢方薬リストを紹介!

さて、ここからは風邪の予防、治療に効果があるとされる漢方についてもっと詳しく見ていきましょう。風邪予防や治療に効果的な漢方薬をリストアップし、それぞれの処方についてもまとめてみましたので、以下の表をご覧ください。

人参養栄湯
(にんじんようえいとう)
人参、桂皮、シャクヤク、甘草などを用いた漢方。咳止め、悪寒の除去などに用いられるため、風邪の際に重宝されています。中国の漢方書『和剤局方』にも掲載されている処方。
人参湯
(にんじんとう)
人参、甘草、乾姜などを配合した漢方薬。倦怠感、食欲不振、嘔吐、消化不良など“お腹の風邪”を含む諸症状に効くほか、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、慢性結腸炎などにも臨床応用されています。漢方の原典である『傷寒論』にも記載されている、由緒正しい処方の1つです。
半夏白朮天麻湯
(はんげびゃくじゅつてんまとう)
読み方は“はんげびゃくじゅつてんまとう”で、人参、半夏、麦芽、天麻、白朮などを配合した漢方。めまい、悪心、嘔吐などに効果を発揮しますので、胃腸症状の目立つ風邪にオススメ。中国の医学書『脾胃論』に掲載されている処方です。
白虎加人参湯
(びゃっこうかにんじんとう)
人参、石膏、甘草、知母、粳米などを配合した漢方。熱性疾患で身体の中の水分が枯渇している状態に良いとされています。そのほか、息切れや疲労感の緩和にも効果的ですので、発熱を伴う風邪に効くと考えて良いでしょう。漢方の原点『金匱要略』『傷寒論』に記載があります。
参苓白朮散
(じんりょうびゃくじゅつさん)
人参、茯苓、ヨクイニン、甘草、桔梗などを用いた漢方。下痢や軟便に効果があるので、胃腸の風邪に向いています。
葛根湯
(かっこんとう)
葛根、麻黄、大棗、シャクヤク、甘草、生姜などから成る処方。風邪の初期に服用することで症状緩和が期待できると言われています。

以上、代表的な風邪に効く漢方をご紹介しましたが、上記6処方のうち葛根湯を除く5つの処方に人参が入っていることにお気づきでしょうか?

漢方の世界における人参とは、すべて高麗人参を指しており、東洋医学の観点で見れば、間違いなく“風邪にもっとも効果的な漢方”の1つなのです。冬場の風邪予防、あるいは万が一風邪をひいた時に少しでも早く回復するために、高麗人参習慣を始めてみませんか?
その前に、高麗人参のこと、風邪以外にも期待される効果についてもっと詳しくご紹介しましょう。高麗人参の魅力については『年月によって価値が高まる高麗人参』を、期待される効果については『必見!高麗人参の6大効果効能』をご覧ください。

風邪予防に効果的!「紅参」についてもっと詳しく!

高麗人参の最高峰!風邪に効く紅参

風邪予防は人参がおすすめ!高麗人参に期待される効果の秘密は6年根と紅参高麗人参に風邪の諸症状を改善し、自然治癒力を回復させる効果があるのは、ここまでに紹介したとおりです。最近では科学的な見地からも風邪予防に役立つと見られているんですよ。
その秘密は高麗人参に含まれる有効成分サポニンにあるようです!サポニンは免疫力を向上させる効果があるため、風邪への抵抗力を高めて、より風邪をひきにくい身体をつくることができるのです。サポニンの成分としての特徴や効果などについて、詳しく知りたい方は『高麗人参特有のサポニン群を多く含むジンセノサイド』をご覧ください。

そして、このサポニンをもっとも多く含んでいるのが、6年にわたって栽培された6年根の高麗人参。特にその皮の部分に多く含有しているので、6年根を皮ごと用いて乾燥させた紅参という種類の高麗人参がもっとも効果的です。以上から、風邪予防、風邪の症状緩和を目的として摂取するなら、紅参を用いた健康食品を摂取するのが一番と言えるでしょう。
では、なぜ6年根がもっとも効果が期待されているのか、詳しく知りたい方は『6年根が一番良いのはどうして?』をご覧ください。

風邪予防に効果的!安心・信頼が高い正官庄の紅参

当サイトを監修いただいている松村圭子医師

高麗人参のサイトを監修している、成城松村クリニック 院長 松村圭子先生成城松村クリニック院長
松村 圭子 先生

  • 【所属学会】
  • 日本産科婦人科学会
  • 日本女性医学会
  • 日本抗加齢医学会
  • 【経歴】
  • 広島大学医学部卒業
  • 広島大学医学部 産科婦人科学教室入局
  • 成城松村クリニック開院

また、ご活躍されている内容がWEBサイト(ルナルナ、女性の予防医学、Super Body[産婦人科医への相談コーナー])、PCサイト(女性自身[いまさら聞けない夜のテーブルマナー]、AM[オトナの悩みに答える!婦人科医の特別診察室]、スキンケア大学)など、雑誌やメディアでご紹介されています。

おすすめの記事

冷えは万病のもと!現代人の冷え性の原因と改善方法

冷え性になるとあらゆる病気が併発しやすくなります。重症化した冷え症で、他の病気を招かない ためにも、原因と改善方法を理解しておきましょう。

>冷えは万病のもと!現代人の冷え性の原因と改善方法

高麗人参には冷え性を改善する効果がある!?

冷え性改善に大きな力を発揮する高麗人参!あらゆる漢方薬の中でもトップクラスの改善効果を期待することができるかも。まずは冷えの正しい原因と、身体に与える恐ろしい影響を知ることが大切です。特に低体温はガン細胞を活性化させるため、早めに手を打つことは必須と言えるでしょう。そして、高麗人参が冷えに効く、詳しいメカニズム解説をぜひ一度お読み下さい♪

>高麗人参は冷え性の救世主!?体温35℃でガンになる!?

【正官庄】高麗人参ブランド 韓国No.1

正官庄は韓国No.1高麗人参ブランドです。正官庄の評判と口コミ。また政府が認定する高い健康効果と品質管理の秘密を担当者インタビューと共にお届けします。口に入るものだからこだわりたい“安心と品質”。あなたが求める究極の健康食品をご紹介します。

>【正官庄】高麗人参ブランド 韓国No.1とは