コレステロール値の改善には高麗人参!

テレビの健康番組などでも情報が流れるようになり、多くの方が漠然と“コレステロールは身体に悪い”とお考えのようですが、コレステロールが何故良くないのかをご存じの方はあまり多くないように見受けられます。そこで、まずはコレステロールの基本知識からご説明しましょう。

まず、コレステロールそのものは生命活動に用いられる物質なので、その全てが悪いというわけではないことを知っておいてください。高比重リポタンパク(HDL=High Density Lipoprotein)という種類のものは通称、善玉コレステロールといい、むしろ動脈硬化を予防してくれるなど、健康維持に役立つ物質なのです。

コレステロール値の改善には高麗人参そのほか、超低比重リポタンパク(VLDL=Very Low Density Lipoprotein)は肝臓から筋肉にエネルギー源となる脂質を供給してくれる存在。

次に、中間比重リポタンパク(IDL=Intermediate Density Lipoprotein)は健康を害する物質ですが、メタボリックシンドロームの患者でなければ、代謝されてすぐになくなります。

問題なのが、最後の低比重リポタンパク(LDL=Low Density Lipoprotein)で、これが悪玉コレステロール!虚血性心疾患、動脈硬化などを引き起こす物質として、恐れられているのです。

それでは、次に“悪玉コレステロールがどのような症状を引き起こすのか”そして“なぜ高麗人参がオススメなのか”といった情報をお伝えすることにしましょう!

悪玉コレステロールが引き起こす病気とは?

それでは、悪玉コレステロールが引き起こす問題について表にまとめたものをご覧頂きたいと思います。

高コレステロール血症 悪玉コレステロール(LDL)の血中濃度が上昇した状態のことですが、特に酸化されたLDL濃度が上がった場合を指します。酸化されたLDLは動脈の血管壁で炎症を引き起こし、アテローム性動脈硬化症の原因となるのです。さらに、マクロファージが酸化LDLを貪食すると、泡沫化してその場に留まってしまい、これも動脈硬化の原因。
冠動脈疾患 血中の悪玉コレステロールは、狭心症、心筋梗塞といった冠動脈疾患のリスクを高めるとされています。また、悪玉コレステロールがそれほど多くなくても、善玉コレステロール(HDL)値が低すぎる場合にも、冠動脈疾患のリスクは上昇するようです。

以上のように、コレステロール値が上昇すると、血管の健康を大きく損ない、最悪の場合には狭心症や心筋梗塞を引き起こす可能性もあるのです。

しかし、高麗人参に含まれるサポニンという成分には余分な脂を除去する作用があるため、血液中の悪玉コレステロール(LDL)を減らす効果が認められています。しかも、悪玉コレステロールを減らしつつ、善玉コレステロール(HDL)を増加させる働きがあるので、冠動脈疾患のリスクを有意に下げると期待されているのです。高麗人参でサポニンを効率よく摂取し、血管系の病気になるのを防いでいきたいですね!

オススメの高麗人参は紅参!

高麗人参を用いた健康食品は多くありますが、中でもコレステロール値を気にされている方にオススメなのが、紅参を用いた製品です。

紅参というのは、高麗人参の中でもっとも健康増進効果の高い6年根を丸ごと使い、蒸気でスチームしてから干したものを指します。実は高麗人参の有効成分サポニンは、皮の部分に一番多く含まれており、皮をむかずに丸ごと使った紅参が一番、サポニン含有量が多いのです。もっとも効果的な6年根を、もっともサポニン含有量の多い皮の部分まで全て生かした紅参は、まさに高麗人参の頂点!

高麗人参を用いた健康食品なら紅参せっかく高麗人参を用いた健康食品を検討されているなら、是非とも、この紅参を試して頂きたいと思います。

ただし、紅参は非常に希少ですし、中には偽物、粗悪品が出回っている例もあるようなので要注意。本物を手に入れたいのであれば、本場、韓国の(株)韓国人蔘公社が認める“正官庄”と呼ばれるブランドを推奨します。

正官庄の紅参は栽培の段階から徹底管理が行われており、すべて6年根を用い、伝統に則った製法で紅参に加工されていますので、間違いなく本物を入手したいのであれば、この正官庄の紅参を選ぶことが唯一最大のポイントといえます!

コレステロール値改善に効果的!「紅参」についてもっと詳しく!