コレステロールを正しく知る

テレビの健康番組などでも多くの方が漠然と「コレステロールは身体に悪い」とお考えのようですが、コレステロールが何故良くないのかをご存じの方はあまり多くないように見受けられます。そこで、まずはコレステロールの基本知識からご説明しましょう。

コレステロールの基礎知識

血栓や血管炎症の原因をつくり出すldlコレステロール。ドロドロ血液から動脈硬化になる危険性も!?コレステロールは脂質の一種で、人間の血液中だけでなく、脳や内臓、筋肉など全身にも広く分布しています。細胞膜、性ホルモン、副腎皮質ホルモンなど、脂肪の消化吸収を助ける胆汁の材料となります。人間の体は約60兆個の細胞からできていますので、ひとつひとつを形作る細胞膜の材料もコレステロールなんです。そう考えると、コレステロールそのものは私たちの生命活動に用いられる大切な物質なので、その全てが悪いというわけではないことを知っておいてください。

コレステロールの種類
コレステロールは脂質なので血液中に溶け込むことはできません。血液の中を流れるために、血液となじみやすいタンパク質に包まれて移動します。このたんぱく質に包まれた状態をリポタンパク質といい、種類は以下の4つに分けられます。
  • ・中間比重リポタンパク(IDL=Intermediate Density Lipoprotein)
    健康を害する物質ですが、メタボリックシンドロームの患者でなければ、代謝されてすぐになくなります。
  • ・超低比重リポタンパク(VLDL=Very Low Density Lipoprotein)
    肝臓から筋肉にエネルギー源となる脂質を供給してくれる存在です。
  • ・低比重リポタンパク(LDL=Low Density Lipoprotein)
    「コレステロールは身体に悪い」をイメージさせる悪玉コレステロール!虚血性心疾患、動脈硬化などを引き起こす物質です。
  • ・高比重リポタンパク(HDL=High Density Lipoprotein)
    通称、善玉コレステロールといい、むしろ動脈硬化を予防してくれるなど、健康維持に役立つ物質です。

ちなみにLDLとHDLは、どちらともコレステロールを運ぶ重要な役割があるのですが、余ったコレステロールを回収できる・回収できないことで善玉・悪玉と呼ばれるようになりました。余ったLDLコレステロールが血液中にたまることで、それが酸化して動脈硬化を促すので悪いイメージになるんですね。

  • LDL(悪玉):肝臓から出発し、各細胞にコレステロールを運びます。
  • HDL(善玉):全身の細胞から余ったコレステロールを回収し、肝臓へ戻ります。

コレステロールの中でも善玉と悪玉の区別があり、すべてが悪いわけではないということが分かりました。では、私たちは普段の生活の中でコレステロールをどのように摂取、または向き合っていけばよいのでしょうか。

コレステロールの摂取方法と摂取量

摂取方法
実は、私たちの体に必要なコレステロールの大部分は肝臓と小腸で生産されています。食品からの摂取は、個人差がありますが体内で合成されるコレステロールに比べれば1/3~1/7程度です。さらに、私たちの体は食事からのコレステロールの摂取量(多い、少ない)によって体内での合成量をバランス良く調整しているため、”食事によるコレステロールの摂取量が血中コレステロール値に影響する”という根拠は十分でないことが分かっています。
1日の摂取量は?
とはいえ、一日の摂取量は気になるところです。現在の食事摂取基準では、コレステロールの摂取量の基準値は定められていませんが、参考にするとすれば、平成27年に厚生労働省から発表された「国民健康・栄養調査」です。調査内容では、成人の一日のコレステロールの摂取量は、平均すると、男性は300~350mg前後、女性は250~300mg程度となっています。主な摂取源は”卵類”が最も多くコレステロールの摂取量の約半分近くを占め、他には”魚介類”や”肉類”などが続いて多かったのです。

ここで注意してほしいのが、前述した「食事によるコレステロールの摂取量が血中コレステロール値に影響するという根拠は十分でない」からといって「数値を気にせず摂取できる」とは言えません。過剰摂取は好ましくないですし、血中コレステロール値が高い人は制限すべきです。
また、コレステロールが不足している方も注意が必要です。コレステロールが欠乏すると、細胞膜や血管が弱まったり、免疫力の低下、脳出血などを起こしやすくなります。とくに高齢者で、コレステロールの摂取量をコントロールしようとするとタンパク質不足になり、低栄養を生じる可能性があります。もし制限する場合は、栄養士や専門医師などに協力してもらった方が良いでしょう。

悪玉コレステロールが引き起こす病気とは?

ここまで、コレステロールを摂取する一日の量には明確な基準値は定められていないものの、自身の体の機能力と食事によるコントロールが健康に過ごせる体をつくることであることはご理解いただけたと思います。ですが、コレステロールが体内にたまっても初期症状や自覚症状がすぐに現れるわけではないのです。気づいたときに重篤な病気になっていた、ということも珍しくありません。それがサイレントキラーといわれる所以です。
例えば脂質異常。症血中の悪玉コレステロール(LDL)値が高くなり、善玉コレステロール(HDL)値が低くなった状態をいい、コレステロールが血管壁に蓄積されて動脈硬化を誘い、さらに虚血性心疾患、脳梗塞のリスクが高まります。詳細を下記の表にまとめましたのでご説明していきます。

高コレステロール血症 悪玉コレステロール(LDL)の血中濃度が上昇した状態のこと。特に酸化されたLDL濃度が上がった場合を指します。酸化されたLDLは動脈の血管壁で炎症を引き起こし、アテローム性動脈硬化症の原因となるのです。さらに、マクロファージが酸化LDLを貪食すると、泡沫化してその場に留まってしまい、これも動脈硬化の原因となります。
冠動脈疾患 血中の悪玉コレステロール(LDL)は、狭心症、心筋梗塞といった冠動脈疾患のリスクを高めるとされています。また、悪玉コレステロール(LDL)がそれほど多くなくても、善玉コレステロール(HDL)値が低すぎる場合にも、冠動脈疾患のリスクは上昇するようです。

以上のように、コレステロール値が上昇すると、血管の健康を大きく損ない、最悪の場合には狭心症や心筋梗塞を引き起こす可能性もあるのです。

症状による治療法

前項の2つの症状を例に、西洋医学と東洋医学のそれぞれの治療法でご説明していきます。

■西洋医学の治療

高コレステロール血症(脂質異常)の場合
  • 薬物治療:血中の中性脂肪やコレステロールを下げるスタチン系の脂質投下薬(※)
  • 食事療法:飽和脂肪酸(肉・卵など)と不飽和脂肪酸(魚・野菜など)の多い食べ物をバランスよく摂る。
  • 運動療法:自分に合った適度な運動。ウォーキング・サイクリング・水泳などの有酸素運動が効果的です。
    ※薬物治療は脂質異常症の原因を解決するものではなく、投与を止めれば数値は戻ることが多い。根本的なコントロールは個人の生活改善が望ましい(遺伝素因の場合は除く)。
冠動脈疾患の場合
薬物治療としては、血液をさらさらにし、血栓形成を予防するアスピリンなどの抗血小板薬、冠動脈を拡げる管血管拡張薬、高脂血症治療薬などを投与して改善させます。その他は、カテーテルによる治療(冠動脈形成術)、外科手術(冠動脈バイパス術)などがあります。薬物治療の後は高コレステロール血症と同様、個人で「生活習慣の管理」を行ってもらいます。

■東洋医学の治療

病気を未然に防ぐという意味では、西洋医学で説明した「食事療法」や「運動療法」も東洋医学の治療として入りますが、代表的な治療となるとやはり漢方ですね。ご紹介するのは高麗人参です。
高麗人参に含まれるサポニンという成分には余分な脂を除去する作用があるため、血液中の悪玉コレステロール(LDL)を減らす効果が認められています。しかも、悪玉コレステロールを減らしつつ、善玉コレステロール(HDL)を増加させる働きがあるので、冠動脈疾患のリスクを有意に下げると期待されているのです。高麗人参でサポニンを効率よく摂取し、血管系の病気になるのを防ぎましょう!サポニンの効果・効能、成分の働きなどについては『高麗人参のサポニンの効能・効果』をご覧ください。

また、高麗人参を摂取することで副作用を心配される方がいると思います。そんな方たちの不安を安心に変える情報をご紹介しましょう。詳しく知りたい方は『高麗人参に副作用はあるのか、ないのか?』をご覧ください。

高麗人参の中でも正官庄の紅参がおすすめ!

高麗人参を用いた健康食品は多くありますが、中でもコレステロール値を気にされている方におすすめなのが、紅参を用いた製品です。

紅参は、高麗人参の中でもっとも健康増進効果の高い6年根(6年栽培)を丸ごと使い、蒸気でスチームしてから干したものを指します。実は高麗人参の有効成分サポニンは、皮の部分に一番多く含まれており、皮をむかずに丸ごと使った紅参が1番サポニンの含有量が多いのです。もっとも効果的な6年根を、もっともサポニン含有量の多い皮の部分まで全て生かした紅参は、まさに高麗人参の頂点です!
※紅参に期待される効果や効能については『高麗人参の中でNo.1の効果を持つ紅参』をご覧ください。

高麗人参で悪玉コレステロールに効果はある?数値が高まる原因と改善方法はお茶などの食品にある!なので、せっかく高麗人参を用いた健康食品の購入を検討されているなら、是非とも、紅参を試していただきたいです。

ただし、紅参は非常に希少。中には偽物、粗悪品が出回っているものもあるようなので要注意です。本物を手に入れたいのであれば、本場韓国の(株)韓国人蔘公社が認める”正官庄”と呼ばれるブランドを推奨します。
※正官庄は、韓国はもちろん、世界でも信頼・安心されるブランドです。その理由は『世界最高品質!正官庄の紅参とは』をご覧ください。

正官庄の紅参は栽培の段階から徹底管理が行われており、すべて6年根を用い、伝統に則った製法で紅参に加工されていますので、間違いなく本物を入手したいのであれば、この正官庄の紅参を選ぶことが唯一最大のポイントといえます!

コレステロール値の改善に高麗人参【おすすめは正官庄の紅参】

当サイトを監修いただいている松村圭子医師

高麗人参のサイトを監修している、成城松村クリニック 院長 松村圭子先生成城松村クリニック院長
松村圭子先生

  • 【所属学会】
  • 日本産科婦人科学会
  • 日本女性医学会
  • 日本抗加齢医学会
  • 【経歴】
  • 広島大学医学部卒業
  • 広島大学医学部 産科婦人科学教室入局
  • 成城松村クリニック開院

また、ご活躍されている内容がWEBサイト(ルナルナ、女性の予防医学、Super Body[産婦人科医への相談コーナー])、PCサイト(女性自身[いまさら聞けない夜のテーブルマナー]、AM[オトナの悩みに答える!婦人科医の特別診察室]、スキンケア大学)など、雑誌やメディアでご紹介されています。

高麗人参の美容と健康に関するおすすめの記事

【正官庄】高麗人参ブランド 韓国No.1

正官庄は韓国No.1高麗人参ブランドです。正官庄の評判と口コミ。また政府が認定する高い健康効果と品質管理の秘密を担当者インタビューと共にお届けします。口に入るものだからこだわりたい“安心と品質”。あなたが求める究極の健康食品をご紹介します。

>【正官庄】高麗人参ブランド 韓国No.1とは

紅参・植物発酵液80のイメージ

酵素ドリンク(自然発酵液)には健康・ダイエットなどの効果があるとよく耳にしますが、実際のところはどうなのでしょうか?効果がある理由や酵素ドリンクの選び方ご紹介しながら、よく聞く噂は本当なのかを追求していきます。

>高麗人参(紅参)に80種類の植物から作った植物発酵液のことを詳しくみる