高麗人参の粉末はお酒と相性抜群!

高麗人参とお酒は相性抜群高麗人参には、血流を良くし、免疫力を向上や疲労回復などの効果が期待できる“サポニン(ジンセノサイド)”を多く含みます。高麗人参はサプリメントのように“特定の栄養素だけを抽出した不自然な食品”ではなく“生もの”ですから、他にもビタミンやミネラル、アミノ酸など豊富な栄養素を含むのです。

ところで、高麗人参の摂り始めの時期などは稀にお腹が緩くなってしまう方もいるよう。ごく短期間とはいえ、気になる方にこそ“適量のお酒と共に摂取すること”をオススメします!

お腹が緩くなってしまう原因は主に“内臓が元気になったこと”ですが、高麗人参に含まれる“マグネシウム”の影響を与えているケースも。

マグネシウムは神経細胞の調節や、筋肉のスムーズな収縮に欠かせない栄養素ですが、同時に腸内の水分量を増加させ便秘解消にも効果もあるのですね。マグネシウムはお酒などのアルコールと摂取することで吸収量を押さえることができますので、効果を調節できます。ぜひ試して見て下さいね♪

高麗人参についてもっと詳しく知りたい方はコチラ!

飲み方〜即席自家製の“高麗人参酒”!

高麗人参とお酒高麗人参酒を家で作りたい…そう考えておられる方は多いのではないでしょうか。

高麗人参酒は、口の広い大きめの瓶を用意しまして、40度前後のホワイトリカーに高麗人参を漬けるだけ。ホワイトリカー約2リットルならば生の高麗人参200グラム(乾燥なら100グラム)と言った分量で良いでしょう。

ただしちゃんとした高麗人参酒を自分で作ると“半年は漬けておいた方が良い”“そもそも質の良い高麗人参を入手することが困難”というデメリットが。農薬が残留しているなど、うっかり低品質の高麗人参を漬けてしまったら、かえって身体の害になりかねません。

そこでオススメなのが“信頼できる品質の高麗人参エキス茶か粉末を入手”すること!特に、有効成分サポニンを豊富に含むとされる加工高麗人参“紅参”は石のように硬いそうなので、粉末で入手するのがベスト。いずれも粉末は溶かして飲むのが一般的ですから、熱燗や温めた焼酎に加えれば、高麗人参の有効成分を余すことなく摂取可能な“即席高麗人参酒”の完成です!

冷酒、ブランデー、冷たいウイスキーなどに加えたい場合には、小量のお湯であらかじめ粉末を溶いておきそれを加えましょう。ちなみに“高麗人参エキス茶”のほうは、お茶として飲みやすいようにナツメや乳糖、蜂蜜などがあらかじめ加えられていることが多く、単なる“粉末”のほうには何も加えられていないという違いがありますので、お好きなように使い分けて下さいね♪

飲む量やタイミング

このようにお酒に入れて摂ることもできる高麗人参ですが、当然飲みすぎは禁物です!そもそもアルコールの摂りすぎは身体に害ですし、高麗人参にいくら有効成分が豊富とは言え、人体は“摂った分だけいくらでも栄養を貯めておける”わけではありません。身体が処理しきれない分は排出されてしまいますから、かえって無駄になってしまいますよ。

飲むタイミングに関しましては特に決まりはありませんが、やはりお酒に入れて召し上がるなら食中がオススメ。食前で急にアルコールを入れるとより早く酔いが回ってしまいますから、そのように飲まれるときは少しずつにしましょう♪

韓国政府公認!“正官庄”の紅参について詳しく見る

おすすめの記事

紅参・植物発酵液80のイメージ

酵素ドリンク(自然発酵液)には健康・ダイエットなどの効果があるとよく耳にしますが、実際のところはどうなのでしょうか?効果がある理由や酵素ドリンクの選び方ご紹介しながら、よく聞く噂は本当なのかを追求していきます。

>高麗人参(紅参)に80種類の植物から作った植物発酵液のことを詳しくみる

【正官庄】高麗人参ブランド 韓国No.1

正官庄は韓国No.1高麗人参ブランドです。正官庄の評判と口コミ。また政府が認定する高い健康効果と品質管理の秘密を担当者インタビューと共にお届けします。口に入るものだからこだわりたい“安心と品質”。あなたが求める究極の健康食品をご紹介します。

>【正官庄】高麗人参ブランド 韓国No.1とは