高麗人参の摂り方いろいろ

高麗人参の摂り方とは?サプリメントという固定概念のせいか、意外にも高麗人参を“タブレット”か“粉末”でしか摂ったことがない人は多いようです。周りに水がない状況でのタブレットや粉末では困ってしまいますし、何よりも毎日同じものを飲んでいれば飽きるのが人情。

しかし、高麗人参は液体タイプなどにも加工されているため、上記のように“水のない状況では飲めない”という心配が無用なんですね。それに必ずしも“サプリメント”として決められた時間に摂らなくても“料理に混ぜる”“疲れた時の一服”などのように、もっと柔軟に召し上がって頂けます。

元々自然由来の植物ですから、栄養補助食品というよりは“健康に良い食べ物”という風にもっと広く捉えて頂ける、懐の深さが高麗人参の本当の魅力なのです♪

ドリンクで摂取!高麗人参抽出液&エキス

液体タイプの高麗人参は主に抽出液・エキス・ドリンクの3種類が存在しています。まず、抽出液というのは高麗人参をそのまま抽出した液体のこと。丸ごとの高麗人参を飲むようなものですが、風味が苦手であれば何かで割って飲むことも可能です。次にエキスは高麗人参を煎じた液体を濃縮したもの。かなり濃縮されているものが多いので、そのまま飲むには適しません。水・湯などに溶かして飲用します。さらに、高麗人参エキス配合の栄養ドリンク、高麗人参茶などあらかじめ飲みやすいように加工されたドリンク剤も存在しています。好みや用途に合わせて、もっとも続けやすいタイプを選択すると良いでしょう。 ちなみに、高麗人参はあくまでも健康食品です。薬ではありませんから、飲み物に混ぜたり、料理に加えたりしても構いません。風味が苦手…という場合でも工夫次第で美味しく摂ることができますから、ぜひ、自分なりの飲み方・食べ方を考案してみてください。

高麗人参の「エキス」について詳しく!

お酒に入れる!?粉末タイプの高麗人参

高麗人参を用いた健康食品には、粉末タイプのものが存在します。もちろん、これを粉薬のように飲んでも良いのですが、毎日続けていくことを考えると少々味気ないかもしれません。そういう場合は、お酒に粉末を溶かして飲む…という方法が考えられます。健康食品の食べ方として「お酒と一緒に飲むなんて大丈夫なの?」という意見もありそうですが、薬ではなく食品ですから特に問題はありません。むしろ、本場韓国では高麗人参酒が広く飲まれており、高麗人参とアルコールの相性は決して悪くないことが窺えます。 本物の高麗人参酒を作るには手間がかかりますが、粉末をお酒に溶かすだけなら簡単です。毎日の晩酌と同時に、少しずつ健康になっていく…。そんな良いとこ取りの健康習慣を試してみてはいかがでしょうか?

高麗人参の「粉末」について詳しく!

高麗人参を料理に使う!オススメの食べ方を伝授

日本では漢方薬・健康食品といったイメージが強い高麗人参ですが、本場韓国では食材としても親しまれています。独特の風味があるため、食材には適さないように感じる方もいるかもしれません。しかし、食べ方によっては独特の風味がスパイスのように食欲を亢進してくれるのです。 もっとも有名な高麗人参の食べ方といえば、やはり日本でも人気の韓国料理−サムゲタンでしょう。そのほかにも、高麗人参の天ぷらをはじめ、さまざまな料理が食べられています。癖のある食材も、要は食べ方1つです。薬のように扱うばかりでなく、高麗人参を食材の1つとして捉えてみませんか?“健康のために我慢して飲む”から“高麗人参を食文化として楽しむ”という状態に変えることで、より前向きに日々を送ることができるようになるかもしれません!

高麗人参を使った「料理」について詳しく!

おすすめの記事

紅参・植物発酵液80のイメージ

酵素ドリンク(自然発酵液)には健康・ダイエットなどの効果があるとよく耳にしますが、実際のところはどうなのでしょうか?効果がある理由や酵素ドリンクの選び方ご紹介しながら、よく聞く噂は本当なのかを追求していきます。

>高麗人参(紅参)に80種類の植物から作った植物発酵液のことを詳しくみる

【正官庄】高麗人参ブランド 韓国No.1

正官庄は韓国No.1高麗人参ブランドです。正官庄の評判と口コミ。また政府が認定する高い健康効果と品質管理の秘密を担当者インタビューと共にお届けします。口に入るものだからこだわりたい“安心と品質”。あなたが求める究極の健康食品をご紹介します。

>【正官庄】高麗人参ブランド 韓国No.1とは

正官庄の高麗人参サプリの効果イメージ

高麗人参サプリには美容や健康など女性特有の悩みに効果があるとよく耳にしますが、実際のところはどうなのでしょうか?効果がある理由や高麗人参サプリの選び方ご紹介しながら、よく聞く噂は本当なのかを追求していきます。

>高麗人参サプリの選び方 そのサプリの主成分は本当に高麗人参?