高麗人参の中でNo.1の効果を持つ紅参

麗人参の中でNo.1の効果を持つ紅参日本を含めた東アジアで古くから医薬品として親しまれ、現代でも健康食品の代表として用いられている高麗人参。その栽培には最大2年程度かけて準備した“肥沃な土壌”と“最適な気候条件”が揃わなくてはなりません。有効成分の観点から見ても3年以上栽培しなければ、本当の高麗人参とは呼べないでしょう。

しかし、いたずらに栽培年数を増やせばいいというわけではなく“6年栽培=6年根”の高麗人参に、最大の有効成分が含まれると言われています。7年以上栽培してもそれ以上の成長はほとんど見込めず、害虫や病気に著しく弱くなるだけなのです。6年根とはいわば“6年かけて土の栄養分をまるごと全て吸い上げた人参”ですから、収穫後の土地は10年間使い物にならないとも言われます。

さて、健康食品として用いられる高麗人参は単に1種類ではありません。ここでは、高麗人参の中でも特に健康増進効果が高いとされる“紅参”について皆様にご紹介させて頂きます。まずは以下の表をご覧ください。

水参 収穫しただけの生の高麗人参。輸送過程で傷がついたり、腐敗することも多く、長期的に保存することは困難です。
白参 水参の4〜5年根を乾燥させる、皮を剥いて乾燥させたもの。保存に優れています。
紅参 高麗人参を蒸し、その後で水分14%以下になるまで乾燥させたもの。赤褐色、黄土色であることから紅参と呼ばれます。紅参だけに含まれる栄養成分も生成されることから、健康増進効果は最大。さらに10年を超える長期保存にも耐えうる、もっとも優れた高麗人参です。

以上のように、高麗人参の中でもっとも効果が高いのは6年根でなおかつ紅参と呼ばれるものです。健康増進を目的として摂取するのであれば、是非とも、この紅参を選びたいところですね!

高麗人参の主な薬効を解説

それでは、最後に漢方系医薬書『神農本草経』に記載されている高麗人参の七大薬効についてまとめることにしましょう。紅参の健康増進効果を知り、今後の体調管理に役立ててください!

托毒合瘡 皮膚の回復を助ける効果です。高麗人参は、化膿した箇所、皮膚炎などを治療するために用いられてきました。
健脾止瀉 止瀉というのは下痢止めを意味する言葉。胃腸の健康を保つためにも高麗人参は有効です。下痢だけでなく、食欲不振、便秘を改善する働きもあると言われています。
補肺定喘 肺の健康を促進する効果です。喘息を抑えたり、結核治療を助けるために用いられてきました。
生津止渇 身体の渇きを抑え、水分を保持させる効果。皮膚の保湿、糖尿病改善に役立つと言われています。また、身体から水分が失われるにつれて進む老化を止め、アンチエイジング効果も期待できるかもしれません。
養心安神 自律神経のバランスを整え、精神的な安定を導きます。ストレスの緩和に一定の効果が期待できるでしょう。
益血復脈 造血を助ける効果のことです。低血圧の方、貧血気味の方が健康状態を回復させるのに、高麗人参は有用と言えます。
補気救脱 老化抑制、疲労回復効果を指す言葉。高麗人参が持つ滋養強壮作用を示しています。

このように、血圧調整、老化抑制、健胃、整腸といった数々の効果により、広い意味でのアンチエイジングを実現する高麗人参。中でも突出した作用を持つ正官庄の紅参を用いれば、若い頃の健康を取り戻すことも難しくはないでしょう。

紅参の中に隠されたサポニン成分以外の有効成分

紅参には主成分サポニン以外にも優れた健康効果を持つ成分が数多く含まれています。
マクロファージ(体内に侵入した異物やウィルス、細菌を細胞内に取り込み消化する食細胞)を活性化し免疫力を増大させる“酸性多糖体”もその1つですが、それだけではありません。代表的な4成分をご紹介致しましょう。

ポリアセチレン 多くの植物に存在している脂肪族不飽和炭化水素群です。10種類以上の同成分化合物は、がん細胞の増殖抑制、抗がん剤の活性増大、血栓症予防、といった“抗がん作用”を持つことで知られています。
熱安定性タンパク質 がんの放射線治療では、がん細胞だけでなくどうしても正常な遺伝子DNAも傷つけるため細胞へのダメージは必須。しかし熱に強い同タンパク質成分はDNAへのダメージを防ぐため“放射線障害回復”を促進します。
ポリフェノール 植物の光合成によって生み出された成分です。植物は動物に比べて一般的に長寿と言われますが、その理由は“ポリフェノールの持つ強力な抗酸化作用”の恩恵。細胞の老化を防ぐアンチエイジング効果を持っています。
インシュリン類似作用物質 血中のブドウ糖量=血糖値を正常にコントロールするホルモン「インスリン」と同様の働きをする成分です。血糖を速やかに処理することで血糖値を降下させる他、脂質の代謝に関わるホルモンの分泌を補助します。

以上のように、紅参にはサポニン以外にも健康をサポートする成分が複数含まれているのです。特にがん予防、脳卒中や心筋梗塞の原因にもなり得る血栓の予防、血糖値の上昇抑制など、加齢と共に私たちの健康を脅かすリスクファクターにまとめて対処できる点が、高麗人参の強みといえるでしょう。

一般に高麗人参の有効成分と目されているのはサポニンですが、サポニン成分以外の有効成分にも多大な美容&健康効果が存在するのは上述のとおりです。紅参にはサポニンとサポニン成分以外の有効成分が豊富に含まれているため双方が相乗作用を発揮、老化に伴う諸症状を抑える効能がいっそう期待できます。
特に化学的手法で強引にサポニン含有量を増やした製品は、サポニン成分以外の有効成分が破壊されている場合もあるため、注意が必要です
天然のままの状態で、サポニンとサポニン成分以外の有効成分をバランス良く含んでいる紅参がベストの高麗人参といえるのです。

サポニンの効果について詳しくみる

まだまだある!高麗人参の有効成分

もちろん、高麗人参に含まれる成分はサポニンだけではありません。健康の維持、増進に有効な成分が他にも数多く含まれているのです!

アスパラギン酸 タンパク質の合成を促して代謝を助けるほか、循環器に侵入すると毒性をもたらすアンモニアを尿として排出するのを助けます。エネルギー代謝に関連しているので、スタミナ増強、疲労回復にも一定の効果が。
葉酸 赤血球の合成に関与することから、別名を増血ビタミンとも呼ばれています。また、タンパク質の生成を助けたり、皮膚や粘膜を強化して健康な肌を維持してくれる作用も。さらには貧血予防にも効果的で、女性を守る栄養素の1つ。
マグネシウム カルシウムと共に骨の形成を助けるミネラルとして知られているほか、神経を鎮めたり、動脈硬化を予防したりと様々な作用が存在。食事の欧米化によって不足しがちになっているので、高麗人参から摂取するのがオススメ!
ナトリウム 体内の浸透圧を調整するナトリウムポンプという機能に関与しているほか、小腸からの栄養吸収を助ける効果も。
亜鉛 新陳代謝を促すほか、味覚正常化の働きも知られている現代人の必須ミネラル。デトックス効果もあるとされており、体内の有毒物質を排出するのを助けます。
鉄分から赤血球を作るのを助ける栄養素。いくら鉄分が足りていても、この銅が不足していると正常にヘモグロビンを生成することができず、貧血の原因になってしまいます。

ここに挙げた栄養素の他にも、パントテン酸、バリン、グルタミン酸といったアミノ酸類をはじめ、高麗人参には多種多様な栄養素が含まれています。

現代人に不足しがちな栄養の多くを含んでいる高麗人参は、健康維持のベストパートナーとして、これからますます注目を集めていくことでしょう。

高品質な紅参の選び方!世界最高品質はコレ

世界最高品質の紅参は韓国の特産物韓国の特産品、高麗人参。かつては国の管理下で土壌管理、栽培が行われて“当時溢れていた粗悪品と明確に区別”されていました。その後に紅参事業は民営化されて韓国人蔘公社に移管されましたが、世界最高品質の高麗人参を提供する機関であることに変わりはありません。

効能が最も高い6年根紅参の中でも、なおかつ韓国人蔘公社が認定したものだけが正官庄と呼ばれており、それは韓国政府が管轄する場所で製造された正規品であることが保証された商品。国際的に信頼される試験期間“KOLASの認定”を受けていることは世界基準の安全性の証であり、農薬や有毒物質などの検査もまた国際基準の厳しさと言えます。

研究や品質維持のために年間200億ウォン(およそ20億円)も費やされているというのだから驚きです。信頼と伝統が評価され“韓国産業ブランドパワー(健康食品部門)”で6年連続1位も獲得した正官庄は韓国の健康市場(食品)のおよそ1割を占めるほどの大人気ぶり。今では世界40ヶ国以上にブランドストアを展開し、日本法人は2011年に設立されました。

正官庄高麗人参の中でも、特に効果の高い紅参をお求めであれば、この正官庄が最適。

もっとも有効成分サポニンが多くなる6年根だけを使用した紅参なら、サポニンの健康増進効果を最大限に活用できること請け合いです。6年根を収穫した土地は養分を失い、10年にわたって休耕しなければなりませんので、1つの土壌から16年に1度しか手に入らない貴重品。この6年根をふんだんに使用した紅参は、数ある高麗人参製品でも最高峰といえます。

韓国人蔘公社による“正官庄”の紅参について詳しく!