高麗人参特有のサポニン群を多く含むジンセノサイド

高麗人参だけに含まれるジンセノサイドの効能高麗人参には、アミノ酸類、各種ペプチド、各種ビタミン、各種ミネラルなどを含んでいますが、最大の特徴はジンセノサイドを含んでいるということでしょう。これは高麗人参だけに含まれる有効成分で、別名は人参サポニンとも言われます。名前の由来は、高麗人参(ginseng)と配糖体(glycoside)の組み合わせからなる言葉でジンセノサイド(Ginsenoside)と呼ばれます。

さて、ここでサポニンと関連させて少しだけご説明していきます。
サポニンは大豆などの豆類の植物の根や葉、茎に含まれる栄養分で、コーヒーやごぼうなどの苦味やえぐみがこれにあたります。そしてもちろん、高麗人参にも含まれている成分であり、そのサポニン群を約40種類以上も含有している有効成分がジンセノサイドなのです。このジンセノサイドは薬理作用の効果がとても高く、中枢神経系をはじめ、内分泌系、免疫系、代謝系などに影響を及ぼし、身体の調整機能に様々な効果を発揮されることを期待されています。効能や効果の詳細については、以下「ジンセノサイドの効能・効果とは?」でご説明します。

ジンセノサイドの種類

前項でご説明しましたが、ジンセノサイドは高麗人参特有のサポニン群を約40種類以上も含んでおり、それを大きく分けるとジオール系・トリオール系・オレアノール系に分類され、さまざまな働きで自律神経のバランスを整えて健康をサポートします。

  • ジオール系:中枢神経抑制作用(休息時間を支えてパワーを養う、落ち着かせる)
  • トリオール系:中枢神経興奮作用(活動的な毎日を助ける、気分を高揚させる)
  • オレアノール系:抗炎症作用、解毒作用など

ジンセノサイドの効能・効果とは?

健康促進効果が高いジンセノサイド。美容や健康に期待される効果・効能近年、健康増進効果の高い成分として注目を浴びているジンセノサイドは、抗酸化作用が高く、活性酸素による身体の錆び付きを抑えるアンチエイジング効果、抗老化、血液をサラサラにして血管の病気を防ぐ効果などが期待できます。さらに、ジンセノサイドには高い健康増進効果が認められるとの報告があるため、美容&健康を追求する方に最適なんです!

それでは、高麗人参特有のサポニン群を多く含むジンセノサイドにはどのような働きがあるのでしょうか。下記の表に簡単にまとめました。

■ジオール系

ジンセノサイドRb1 血管を拡張し、血流を改善する効果があるようです。血流が悪くなると冷えの原因にもなりますから、冷え症改善も期待できるでしょう。その他、ジンセノサイドRb1がアセチルコリンという伝達物質の分泌を促すことで、脳が刺激されて記憶力が高まります(※)。
ジンセノサイドRb2 糖代謝、脂質代謝を助ける働きがあるため、血液の中に余分な脂質、糖質が蓄積するのを防ぐことが可能です。高脂血症、糖尿病などを予防するのに役立つでしょう。
ジンセノサイドRc 神経細胞死を防ぐ働きがあります。神経細胞死は認知症、神経変性疾患の原因になるため、広い意味での老化抑制に効果を期待できるでしょう。
ジンセノサイドRk1 細細胞分裂の際のコピーミスを防いで細胞レベルで病気の原因となる異常細胞の形成を防ぎます。
PPD 神経の再形成効果、記憶に関する諸症状を回復させる効果もあると言われています。高麗人参の大きな特徴で6大効果の1つ。詳しく知りたい方は『高麗人参の6大効果まとめ』をご覧ください。
CK 肝機能を保護する作用があるようです。また炎症やアレルギー反応への効能も期待できるかもしれません。

※ジンセノサイドRb1の補足
記憶力が低下する原因は年齢とともに感じる脳の衰えだけではないようです。脳の血管が細くなり血行不良の状態になったり、若年層でも疲れがたまったりすることが原因にもなります。そこでおすすめするのが高麗人参。上記ジオール系の表でも触れている通り、血行促進効果にも優れていますので、柔軟性を維持しながら伸縮しやすい健康な血管を維持してくれます。有効成分ジンセノサイドが血液をサラサラにし、血栓を防ぐため記憶力UPにつながると考えられるからです。

ジンセノサイドRb1だけでなく、ジンセノサイドPPDの働きも重要で、「記憶障害を回復する働き」と「神経回路網再生構築」、この2つの作用を持っているからです。脳の中ではさまざまな電気信号が飛び交うことで情報交換をしています。これに欠かせないのがシナプスと呼ばれる神経回路網。脳の中で情報交換がうまくいかないと記憶の定着や維持に問題が出るからです。

■トリオール系

ジンセノサイドRg1 血中の血小板が凝縮するのを抑え、血液をサラサラに保ちます。動脈硬化の原因にもなるドロドロ血液を防ぐ働きがあり、血管のアンチエイジングに最適。
ジンセノサイドRe 骨髄細胞、造血細胞の分裂を促すと言われている成分。新しく健康的な血液を造成するのを助けます。
PPT 抗炎症、あるいはストレスを緩和する作用があると言われています。

■オレアノール系

Ro 各種細胞の活性化に伴う抗炎症作用、また解毒処理能力の向上が期待できます。

以上がジンセノサイドの効果になります。特に紅参には製造過程で、水参や白参には含まれない成分が生成されるため、その健康増進作用は圧倒的です。その理由を知りたい方は『高麗人参と紅参の違い』をご覧ください。

前述でも触れていますが、6年根だけを使用した紅参には、主に中枢神経・自律神経のバランスを調整してくれる”ジオール系ジンセノサイド”、”トリオール系ジンセノサイド”、解毒や抗炎症作用がある”オレアノール系ジンセノサイド”など、上表を含めた40種類以上のサポニンがバランス良く含まれており、絶大な効果があると言われています。
では、なぜ6年根の高麗人参がおすすめなのでしょうか。その理由を知りたい方は『6年根が一番良いのはどうして?』をご覧ください。

ジンセノサイドには副作用はある?

高麗人参を摂取して身体に反応が出るのは副作用ではなく好転反応ここまで、ジンセノサイドの特徴や働き、効能・効果などをご説明してきましたが、これから高麗人参を始めたいと考えている方が気になるのは、副作用なのではないでしょうか。

高麗人参以外に含まれるサポニンは塩基性化合物であるアルカロイドを含むため、多量に摂取すると有毒になり、神経系統に対する副作用が引き起こされる可能性があります。しかし、高麗人参に含まれるジンセノサイドはアルカロイドの量が微量であるため毒性がなく、多量に摂取しても副作用がありません。また、高麗人参は世界保健機構(WHO)やヨーロッパ薬局方(EP)、米国FDAから、副作用のない食品であるという認証を受けていますので、適量を守りつつ安心して摂取してください。

ただし、飲み始めの段階でごくまれに”メンケン反応”が起こる場合があります。東洋医学では好転反応と呼ばれ、治療の過程で一時的に起こる身体反応のことです。弱った身体を急速に元に戻そうとして起こる反応で、これは高麗人参が体によく効いているということ。とくに初めて摂取した方はこの反応に驚かれるかもしれませんが心配はありません。症状がひどい場合や1~3週間ほど症状が長く続くなど、気になる方は漢方の専門医に相談してみてください。

なお、高麗人参の副作用に関してもっと詳しい情報を知りたい方は『教えて!高麗人参に副作用はある?、ない?』をご覧ください。

紅参の有効成分ジンセノサイドの効能で、健康な生活習慣を手に入れよう!高麗人参だけに含まれるジンセノサイド(人参サポニン)には現代人の健康を守る様々な作用があり、注目されるのはその効果に絶大な期待が寄せられているからなのです。また、ジンセノサイドとの関連が強いサポニン。この成分の魅力も見逃せませんので、併せてご紹介しおきましょう。興味のある方は『高麗人参のサポニンの効能・効果』をご覧ください。
初めて高麗人参を知って「健康な体で毎日を過ごしたい」と思っているみなさん、中高年からの健康を考えて、今からでも生活習慣に高麗人参の摂取を取り入れてみませんか?

【正官庄の紅参】ジンセノサイドの含有量が最も多い高麗人参

おすすめの記事

冷えは万病のもと!現代人の冷え性の原因と改善方法

冷え性になるとあらゆる病気が併発しやすくなります。重症化した冷え症で、他の病気を招かない ためにも、原因と改善方法を理解しておきましょう。

>冷えは万病のもと!現代人の冷え性の原因と改善方法

高麗人参には冷え性を改善する効果がある!?

冷え性改善に大きな力を発揮する高麗人参!あらゆる漢方薬の中でもトップクラスの改善効果を期待することができるかも。まずは冷えの正しい原因と、身体に与える恐ろしい影響を知ることが大切です。特に低体温はガン細胞を活性化させるため、早めに手を打つことは必須と言えるでしょう。そして、高麗人参が冷えに効く、詳しいメカニズム解説をぜひ一度お読み下さい♪

>高麗人参は冷え性の救世主!?体温35℃でガンになる!?

【正官庄】高麗人参ブランド 韓国No.1

正官庄は韓国No.1高麗人参ブランドです。正官庄の評判と口コミ。また政府が認定する高い健康効果と品質管理の秘密を担当者インタビューと共にお届けします。口に入るものだからこだわりたい“安心と品質”。あなたが求める究極の健康食品をご紹介します。

>【正官庄】高麗人参ブランド 韓国No.1とは