高麗人参の種類は3つ存在する

高麗人参の種類 ニンジンは漢字で“人参”と書きますが、これは“薬効に優れ人の形をした植物”という意味なのだそう。李氏朝鮮の王朝時代に始まったとされる貿易で日本にこの“人参”の名が広まったと言われています。

高麗人参の学名:Panax ginseng C.A.Meyer
※1843年ロシアの「Carl Anton Meyer」が命名
※Panax = Pan(all)+Axos(cure)

現在、カレーや煮物の具として用いられているセリ科の西洋人参は明治に入ってきたもので、それ以前に“人参”といえば、基本的に“高麗人参”を指しました。

薬効の高さ、また栽培が困難であったことから日本では非常に価値のある生薬・漢方でした。落語にも高麗人参は“庶民には一生かかっても手が出せないもの。病気の親を救うほどの特効薬”として度々登場しています。さて、そんな高麗人参には加工の仕方によって3つの種類があることをご存じでしょうか。

水参・白参

水参は収穫してそのままの高麗人参です。7割以上が水分であり“生参”と呼ばれることもありますが、字のごとく“生の高麗人参”のことです。1〜2年程度で収穫され、特に加工されない場合は主に料理用として利用されます。

さて生の高麗人参“水参”を丁寧に洗い、皮を剥いて太陽光で乾燥させると“白参”のできあがりです。

水参はカビに気をつけて冷暗所にて保管する必要がありあまり長持ちはしませんが、白参は1年程度保存が利きます。4〜5年程度栽培されたもの(4年根、5年根)が白参として加工され流通することも多いようです。ただし白参は皮を剥いてしまいます。高麗人参は表皮付近に豊富な“有効成分サポニン”を含みますから、それは非常に残念なことと言えますね。

紅参

紅参は高麗人参の中でも“特別なもの”と言われています。紅参は主に6年間栽培した高麗人参(6年根)の中で厳選されたものだけを使用。皮は剥かず、まず蒸してその後乾燥させます。このような処理を行うと白かった人参が紅くなることから“紅参”と呼ばれ、真空パックならば10年も保存が利くわけですね。

なお変化は見た目だけではありません。6年栽培の“6年根”は有効成分“サポニン”を豊かに、なおかつ理想的な配分で含んでいます。それを上記のように処理しますと、栄養素・有効成分がさらに豊かになるわけです。

世界で最も高品質な高麗人参を栽培しているのは韓国。韓国では政府認定の韓国人蔘公社が紅参の栽培管理を行っており、本物の証として“正官庄”の名を与えています。もちろん品質と安全性は国際基準のお墨付き。

高麗人参を摂るなら紅参を。そして紅参を摂るなら是非“正官庄”をオススメします!

高麗人参の中でNo.1の効果を持つ紅参について詳しくみる

高麗人参の有効成分のサポニンとは

さて、高麗人参には特別なサポニン成分“ジンセノサイド”がたっぷり含有されています。サポニンには自律神経や中枢神経のバランスを整え正常化してくれる作用があるため、肥満の予防、コレステロール値の正常化、また免疫力強化や血行改善、アンチエイジングや婦人病の改善・軽減など、様々な効果を期待できると言えるでしょう。この他にも有用なミネラル・ビタミン、アミノ酸類などが多く含まれますので、生活習慣病を気にする方などにはこれ以上無い生薬と言えるのではないでしょうか。日々を生き生きアクティブに過ごすための健康パートナーとして注目に値する存在と言えます。

高麗人参の成分のサポニンについて詳しく!

韓国政府公認!“正官庄”の紅参についてもっと詳しく!

おすすめの記事

【正官庄】高麗人参ブランド 韓国No.1

正官庄は韓国No.1高麗人参ブランドです。正官庄の評判と口コミ。また政府が認定する高い健康効果と品質管理の秘密を担当者インタビューと共にお届けします。口に入るものだからこだわりたい“安心と品質”。あなたが求める究極の健康食品をご紹介します。

>【正官庄】高麗人参ブランド 韓国No.1とは