日本では10%のカップルが不妊で悩んでいる!?

漢方は不妊治療のサポートにもなるWHO(世界保健機関)では“避妊なしに性行為を行っているにも関わらず1年以上にわたって妊娠できない状態”を不妊と定めています。

日本では適切な性生活を行えば、3年以内に90%以上のカップルが子どもを授かると言われていますが、これは裏を返せば10%ものカップルが不妊に悩んでいることを意味します。10人に1人が不妊ということなら、決して珍しい問題とは言えません

そもそも、早期に妊娠に至る可能性というのはそれほど高くありません。20代〜30代前半までのカップルが排卵日に性行為を行った場合でも、1回の性行為で妊娠に至る確率は25%以下です。なかなか妊娠に至らない…と悩むカップルが多いのは、ある意味で当然と言えるでしょう。

さて、数年以上にわたって不妊が続いているなら、本格的な不妊治療を受けるしかありません。しかし、妊活を始めたけれど思うようにいかない…という程度なら、まずは自力で体質改善を図るのも良いでしょう。最近では、漢方薬が不妊に効果的である…という考え方が広まり、漢方による体質改善を目指すカップルも増えているのです。

こちらでは、不妊を克服して赤ちゃんを授かるために役立つ漢方知識をお伝えしたいと思います!

体質改善におすすめ!「紅参」について詳しく!

軽度の不妊には漢方!なぜ高麗人参がオススメなの!?

さてここでは女性側に考えられる不妊の原因を探っていきましょう。まずは下記表をご覧下さい。

《不妊の原因》

排卵トラブル 卵子の発育不良、排卵障害など
卵管のトラブル 卵管が細い、あるいは詰まっているなど
子宮のトラブル 子宮内膜の異常、あるいは子宮の器質的な異常
子宮頸管のトラブル 何らかの原因で精子が子宮頸管を通り抜けられない
骨盤内トラブル 病気や手術の後遺症で癒着が起き、卵子に影響が及ぶ
その他 膣欠損・奇形、性分化異常、加齢、ホルモンバランスの乱れ

不妊の原因とは?

不妊の原因はさまざまに考えられますが、軽度の不妊は“ホルモンバランスの乱れ”が一因になっていることが多いようです。排卵前に適切な性行為を行ったとしても、その後のホルモンバランスに問題があれば赤ちゃんはできません。排卵後にきちんと黄体ホルモンが分泌されなければ、受精卵は着床しないのです。女性は複数の女性ホルモンによって月経、妊娠などのメカニズムがコントロールされています。ホルモンバランスの乱れが慢性化すれば、不妊に陥るのは自明の理と言えるでしょう。

漢方医学において、ホルモンバランスの乱れは未病の一種です。未病は病気の一歩手前に相当し、漢方では未病が病気へと進行する前に治すのを良しとしています。漢方医学では、体質改善によって、軽度の不妊を改善する…という方向性で治療していく…ということです。万人に効果があるとは限りませんが、漢方は飲み薬であり、身体に負担がかかる心配はありません。本格的な不妊治療をまだ考えていないならば、まずは漢方を試してみるのも1つの選択肢だと思います。

不妊に効果的な漢方としては、温経湯(ウンケイトウ)、補中益気湯(ホチュウエッキトウ)などが知られています。温経湯は人参、当帰、桂皮、芍薬など、補中益気湯は人参、当帰、柴胡、甘草などを処方した漢方薬です。どちらにも人参が含まれていることにお気づきだと思います。漢方における人参は言うまでもなく高麗人参のこと。そう、高麗人参に不妊を解消する効果があることは、中国伝統医学の処方からも容易に推察できるわけです。

不妊症に期待大の高麗人参で赤ちゃんができる!?

高麗人参は“赤ちゃんが欲しいのに、なかなかできない…”と悩んでいる夫婦の強い味方です。 高麗人参の成分は、女性ホルモン(エストロゲン)に似た作用を持っている…と言われています。ホルモンバランスの乱れを原因とする不妊であれば、この働きによって改善される可能性があるでしょう。 また、高麗人参には血流を改善して体温を上げる作用があります。排卵後、基礎体温が上がる時期の体調を安定させる効果があり、これが赤ちゃんを授かる可能性を向上してくれると言われています。実際、不妊に効果的とされる漢方薬−温経湯、補中益気湯などにも高麗人参が含まれていて、これは高麗人参に不妊改善効果があることを側面から支持する根拠になるでしょう。

さらに、高麗人参の主成分−サポニンには自律神経系の働きを正常化する作用がるため、身体全体のバランスを整えて体調を正常に近づけてくれます。ホルモンバランスを含めて身体全体の機能が正常化すれば、当然、赤ちゃんができる確率も上がるはず。

なかなか赤ちゃんを授からないけれど、不妊治療はもう少し考えてからにしたい…。そういう場合は、まず高麗人参を摂取して様子を見る選択肢も考えられるのではないでしょうか?

より妊娠率を高めるために〜紅参のすすめ

効果的な高麗人参は紅参有効成分であるサポニンを効率よく摂取するなら、紅参と呼ばれる高麗人参をおすすめします。紅参というのは高麗人参を蒸した後、水分が14%以下になるまで乾燥させたものです。長期保存に耐えられる上、有効成分の含有量がもっとも高いのが特徴。

さらに、紅参の中でも6年間かけて栽培した高麗人参−6年根を原料とする製品が特に有効です。6年根を栽培した後の畑は“10年は寝かせないと何も育たない”と言われています。これは、高麗人参の6年根が土に含まれる栄養を完全に吸い尽くしたからです。6年根は、土地に含まれる養分すべてを蓄えた栄養の宝庫と言えるでしょう。

6年根だけを使用した紅参を入手するためには、韓国政府が公認する正官庄ブランドの高麗人参を選ぶのが一番!有害な残留農薬がなく、6年根100%の紅参であることが保証されているのは正官庄だけです。高品質な高麗人参で体調を整えれば、きっと赤ちゃんを運ぶコウノトリの役割を果たしてくれるはず。女性だけでなく、男性に理由のある不妊にも効果を発揮しますから、ぜひ、夫婦で試してみてくださいね!

不妊の原因となる生活習慣改善に効果的な「紅参」についてもっと詳しく!