高麗人参の栽培方法を紹介!

古来より生薬として重宝されてきた高麗人参。その効果は皆さんご存じ、疲労回復や免疫力アップで有名です。他にも、アンチエイジング効果、記憶力向上、冷え症改善などといった驚きの効果も期待されています。
これだけの効果を持つ生薬だけに、原料選び・土壌づくり、植え付け、栽培、品質管理など、多くの厳しい工程を得て皆さんの手元に届きます。とくに栽培にはかなりの手間がかかるのです。
ここでは、高麗人参の栽培過程を紹介し、健康増進効果の高い人参を作るにはどのような努力が必要なのかを解説したいと思います。

良質な高麗人参の栽培は、まず土壌づくりから!

6年根の高麗人参を育てるには良質な土壌づくりが大切!最上級の6年根を栽培するには名前の通り6年間かかりますので、いったん作付けをしてしまえば、6年にわたって肥料、耕作による土壌改善ができません。なので、栽培にはまず6年の間、絶対に土地がやせてしまわないよう豊かな土壌を作ることが必要となります。

良い土壌の条件は、栄養、通気性、保水性、透水性の4つが必要です。そのためには粗大有機物といってある程度の大きさがある有機物を土地に混ぜ込むことが第一です。上質な人参を栽培するなら、化学肥料や殺虫剤は一切用いてはいけません。本場韓国では、栽培地に腐葉土を入れて、トラクターで耕し、鋤きこんでいく栽培方法が採られます。

その後、栽培を妨げる過剰窒素分を取り除いてくれるトウモロコシを植え付けます。
植えたトウモロコシは土壌に栄養(粗大有機物)を与えるため、茎葉ごとトラクターで鋤きこんでしまいます。このトウモロコシ茎は微生物に分解されていくので、6年にわたって長期的に養分を供給してくれるのです。

こうして、1年かけて土壌づくりを行うのが高麗人参栽培のファーストステップ!これだけの準備をしないと、健康増進効果の高い上質な高麗人参を栽培することはできません。

本場韓国産!「紅参」について詳しく!

土台ができたら植え付け、そこから6年かけて栽培

土壌づくりから植え付け、丹精込めて栽培を続けて6年後にようやく高麗人参を収穫!充分に豊かな土壌をつくり終えたら、ようやく植え付けです。もっとも健康増進効果の高い6年根を収穫するためには、ここから6年かけて丁寧に栽培しなければなりません。

まず、土壌が硬くなるのを防ぐための敷きワラをして、畝の中に苗を配置します。直射日光を当てずに栽培するため、栽培2年目に入るころには人参小屋を作成して覆うことも忘れてはいけません。さらに風にも弱いので、防風柵も必要です。栽培開始から2年間は、非常に神経を使う作業が続きます。
3年目からは成長期に入り、面積1アールあたり10kg相当の菜種油粕を肥料として加えていきます。年に2回で、4月と6月に施肥するのが一般的となります。

こうして丹精込めて栽培を続け、6年後にようやく収穫可能となるのです。
その栽培地は高麗人参がすべての栄養を吸い取ってしまっているため、その後、数年はどんな作物も育たないとさえ言われています。もし、もう1度同じ場所で高麗人参を育てたいなら、収穫から10年は土壌改善だけを続ける必要があるそうです。つまり、最上級の6年根は16年に1度しか収穫できないことから、栽培に適した気候と土壌に恵まれた韓国でさえ、簡単ではないことが分かります。かつて高麗人参が幻の生薬と言われたのには、こうした栽培方法の理由があるからです。
6年根の高麗人参について、もっと詳しく知りたい方は『6年根の栄養分をもっとも効率的に摂取するには?』をご覧ください。

ここで、実際に現地(韓国)で栽培者の方に取材したときのお話をご紹介します!
「最高品質の6年根がどのようにして出来上がるのか、その秘密をお聞かせ下さい」と聞いたところ、「有機物や堆肥などを活用して高麗人参がよく育つ土壌を作ることが秘法と思います。」とのこと。高麗人参に多くの栄養分を含ませるためには、やはり土壌づくりは重要であることが分かりますね。
その他にも、研究者や製造責任者にも取材していますので、詳しく知りたい方は『担当者に聞く!~正官庄インタビュー特集』をご覧ください。

日本で高麗人参を自家栽培できるのか?

結論から言えば、日本でも3~4年で高麗人参を栽培することはできます。
ですが、上記の通り、本場韓国産と同様な成分・含有量をもつ高麗人参を育てることはできないと思ってください。

高麗人参は家庭菜園で育てられるのか?私の友人で高麗人参を苗の状態から育てている方がいます。種はホームセンターなどで販売されていますが、育つまでに時間がかかるため「初めての方は苗から始める方がよい」とのこと。苗であれば1年根、2年根も売っています。

苗を購入したら植える場所を決めてトウモロコシなどを育てます。そのトウモロコシを熟す前に収穫し、収穫したものを肥料にして土に還し、土の栄養にします。そこから栽培がはじまります。
自家栽培をするときは場所も限られているので、事前に土に栄養を与える土壌づくりは欠かせません。実際に高麗人参づくりの業者は土壌づくりに1~2年ほどかけるそうです。

自宅でベランダ菜園やプランターで育てている方もいるそうですが、栄養が足りずにほとんど途中で枯れてしまうそうです。これは、高麗人参が土の栄養分をすべて吸いとってしまうためです。そのためプランターで育てる場合は、状態を見て何度か土の入れ替えをしながら、日よけや風よけして、毎日注視した方がよいでしょう。

健康増進効果を期待するなら、韓国産が一番!

高麗人参は地理条件、土壌、気候などの影響を極めて受けやすく、涼しくて乾燥した気候がもっとも栽培に適しています。さらに、降雪量が少なめの地域が特に向いているため韓国の風土がベストなのです。

実際、有効成分サポニンの含有量は韓国産がもっとも豊富と言われており、韓国産の6年根には30種類以上のサポニンが含まれているのに比べ、日本で栽培されたものは8種類程度まで落ちるそうです。サポニンは栽培年数によって含有量が異なります。1年、2年とサポニンが増えていき、6年根の高麗人参がもっとも含有量が多いため、健康増進作用は圧倒的と言われています。その理由は『ジンセノサイドの効果とは?』をご覧ください。購入の際には必ず成分表示を確認してください。

日本で韓国人参を栽培するには、長野県や福島県などが適した環境であるといわれ、その理由は標高が高いことだそうです。そのうえで重要なのは、その地域の気候における対策と土壌づくりになります。
とはいえ、前述の通り、高麗人参に含まれる有効成分などを比較してみると、栄養素の数に差が出てくるのは歴然です。

やはり、もともと韓半島で自生していた植物である以上、本場韓国で栽培されたものが一番なんです。日本にも“旬の野菜が一番栄養価は高い”という言葉があります。同じように“本来の自生地で採れたものが一番良い”わけですね!

韓国で栽培された高麗人参が最も信頼できる理由とくに信頼できるのは、韓国政府が認めた(株)韓国人蔘公社が販売する正官庄ブランドの高麗人参です。

正官庄は、高麗人参の生産に最も適した気候・地形をもつ韓国内で栽培されるため、残留農薬や重金属などの厳しい土壌検査などに合格した契約農家だけが正官庄・高麗人参の栽培を許可されるのです。また、収穫までの間に、世界的にも稀な7回もの厳正な品質検査が実施されていますので、健康増進効果を期待するのであれば、ぜひ正官庄の6年根を用いた製品をおすすめします。

【正官庄の高麗人参】本場韓国産の紅参が最も信頼できる

おすすめの記事

【正官庄】高麗人参ブランド 韓国No.1

正官庄は韓国No.1高麗人参ブランドです。正官庄の評判と口コミ。また政府が認定する高い健康効果と品質管理の秘密を担当者インタビューと共にお届けします。口に入るものだからこだわりたい“安心と品質”。あなたが求める究極の健康食品をご紹介します。

>【正官庄】高麗人参ブランド 韓国No.1とは